お店でのお支払い方法が増えました。<Airペイ・Airレジ>

昨年末にAirペイとAirレジを導入し、今年の1月から運用したいと思っておりましたが、色々てこずって、2月になりましたが、ようやく運用開始できます。

実店舗でのお話になりますが、お支払い方法が増えました。

  • クレジットカード
  • 交通系電子マネー(Suicaやpasmoなど)
  • iD
  • QUICKPay
  • QR決済(LINEペイ)
  • Apple Pay

これらのお支払い方法をお選びいただけます。

チャージはできません。

私は個人的にモバイルSuicaをよく支払いで使うので、ピッピとできるのが嬉しいです。

ちなみに、何に手こずっていたかというと、商品登録とバーコード登録です。
商品登録はAirレジのページからDLしたエクセルでわりと簡単にできるのですが、バーコード登録が私の頭を悩ませました。
もともとバーコードの登録のある商品はとても良くて、メーカーさんありがとう!と思えたのですが、バーコード登録のない商品、また、私の本職である洋服のお直しをどうリストアップするか、もう、もう、これが地獄のような苦しみでした。

お直しのリストを作るのも猛烈にしんどかったのですが、とりあえず、私がやりたいことはインストアマーキングということだと検索で知り、JANコードについて少しお勉強し、連番はなんか嫌だなと思って、自分なりにルールを決めて、お店内だけで使えるバーコードを作成して、登録で何度もはじかれて、うぎゃーーーー!と一人で何度も叫び、ようやく。

これからは、ピッピってバーコードを読み取ります。

ちなみに、なぜ急にAirペイやAirレジを導入したかというと。
色々理由はありますが、一番心が動いた事柄と言えば。

昨年、仕事か旅行で中国に行った知り合いが、FBに投稿した記事を読んだことがきっかけです。

なんでも、中国で現金を使おうとした時、まるで原始人を見るような目で見られ、たいして大きくない金額のお札でも、おつりが無いと言われ、わざわざ、外国人が行きそうなカフェに出向き、ようやくお釣りで細かいお金を作ったというお話でした。

日本人は現金が好きとは聞くけど、私自身、財布がいびつに膨らむのが嫌で、支払いはスマホに入ってるモバイルSuicaを使ってピッピするかクレジットカード。

なにやら、国も、現金でなくてクレジットカード等での支払いを推進している模様。

そのうち、現金しか使えないお店のほうが珍しくなるかもしれない・・と思い、決心した次第です。

手数料など色々検索した結果、Airペイがお得だったから。

iPadかiPhoneでしか使えないとのことで、iPadを購入するに至りましたが、iPadがとんでもなく使い勝手がよく、買ってよかった、Airペイにしてよかったなと思っています。

ちなみに、Mac嫌いとかそういうのは無いです。

最初のコンピュータはMacでしたし、アメリカにいる間はおおよそMac、たまにWindowsでした。
かわいいし、コンピュータに疎い私にも優しいので、好きだった方です。

しかし、2002年頃に帰国して、日本の会社に勤め始めたら、Mac?は?みたいな雰囲気で、会社のコンピュータは全てWindows、当時はMacとWindowsの互換性が良くなくて、自分でもWindows入ったコンピュータでなければ仕事もできないので、致し方なく・・・が続いて、完全にMac熱が冷めてしまった次第。

久しぶりのアップル製品、iPad、アップルペンシル以外とても好きです。

ペンについては、Surfaceのほうが優秀だなと思いましたが、最近、アップルペンシルでもSurfaceぽいペンが出たようで、もうちょっと待ってそっちの方買えばよかったかな・・と思いました。

ま、とにかく、最初のお話に戻ると、お支払い方法の幅が広がりましたので、あ、現金足りない、少額だから大きいお金崩したくない、そんな方は、ぜひご利用くださいませ。