リメイク:ジャケットの縁どり


当店で販売していた古着のジャケットに、別布で縁どりをしてほしいというリメイクオーダーを承りました。

AFTER BEFORE

衿と袖口、ポケットに縁どり
袖口は、縁どりだけでなく、折り返したときに、別布をチラミさせたいとのことで、このうようになってます。

これをご覧になった方は、お値段が気になるかと予測します。
お直し料金の合計は、13,650円。ジャケット代は50%OFFにさせていただきました。
内分けは大体こんな感じです。

縁どり交換

  • 衿&ボディ:5600円(バイアステープ込)
  • ポケット:1800円(バイアステープ込)
  • 袖:2000円(バイアステープ込)
袖別布つけ
  • 3600円(生地込)
※価格はジャケットの仕様によって異なります。
フェイスブックにちょいちょい途中経過を載せてましたが、実は、この縁どりに使われたバイアステープは、ネクタイから作ったものです。同じ柄のネクタイを3本使いました。
 

そして、チラ見せ用の生地もネクタイから。こちらは2本。

お客様の希望の柄や色素材などをお伺いして、思いつく生地は、シルクかポリエステルのジャガード織でかつストライプ。ネクタイによく使わるような・・・。ということで、いろいろ探してみましたが、とりあえず、私が探した限り、横須賀の生地を販売しているところ(手芸屋さんとか)にはなく、ネットなども調べてみましたが、なぜか無く、ネクタイに使われるような・・・、てかネクタイで・・・。と、ネクタイでバイアステープ作ることにした次第です。

ちなみに、こちらのジャケットは麻と綿の混紡なので、シワがつきやすいです。

麻ってシワがつきやすく、一度ついたシワは完璧には取れません。でも、麻はシワを楽しむものと言われています。写真のジャケットは、スチームアイロンでシワを伸ばしていますが、ちょっとクシャクシャっとさせて、わざとシワ感を出して着用してもいいかもしれません。