カンガルーポケットパーカーのリメイク redesigning/remaking hoodies


RMK_Hoodie201503_01

カンガルーパーカー、プルオーバーのものを、ジップアップにリメイクしました。

こちらのお客様は、ファスナー持ち込みでしたので、

リメイク加工代3800円(税抜)
ファスナー調整 100円(税抜)

です。

工程を少々紹介します。

  1. 調整
    しるしをつけます。首→ポケット→裾の真ん中にしるしをつけます。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    直線を引きます。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    首元をほどきます。
    RMK_Hoodie201503_04

    8cmくらい
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    ポケット部分のところ、仮留します。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    カットします。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    ポケット部分、縫い留めます。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    切ったところ、ロックミシンをかけます。
    伸び縮みの調整のダイヤルを1.5に合わせて、縮ませながら縫います。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    余り糸を縫い閉じます。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    スチームアイロンをかけて、ロックミシンの、縮みの部分を落ち着かせます。
    RMK_Hoodie201503_11

    ファスナーの長さを調整します。こちらは8cmくらい短くしたいです。
    縫い代分も含めて、しるしをつけて、カット。
    後で縫うときのために、首とポケットとリブの部分にあたるところ、ファスナーのテープにしるしをつけます。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    ニッパーで務歯を取ります。
    RMK_Hoodie201503_13

    やっとこ(?)で、上止めをはめます。
    RMK_Hoodie201503_14

  2. 縫うファスナーを縫います。
    首→ポケット→リブにしるしをつけていたので、一回、そこを縫いとめてから、縫うと、ずれづらいです。
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    折り返して、トップステッチ。今回は、ファスナーのテープが少し見えるように縫いました。
    RMK_Hoodie201503_16

    そして、フードの部分が絡む首の部分。フードの先を内側に折り返して
    RMK_Hoodie201503_17

    縫います。
    RMK_Hoodie201503_18

    ロックミシンをかけて、余り糸を縫い閉じます。
    RMK_Hoodie201503_19

出来上がりです!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お品物を受け取ったお客様から「完璧です!」とフィードバッグをいただきました。

綺麗に縫っても、丁寧に縫っても、お客様のご希望通りでないと意味がないと思っているので、ご希望通りと知れて何よりも嬉しいお言葉・・と、ギュイーン!ってテンションあがりました。

ありがとうございました!