ボタンホール


リメイク 半袖 シャツ ロング カーデで、手縫いのボタンホールにしたという記述をしました。

せっかくなので、作る工程をちょっとだけ紹介します。

1.間隔を決めてしるしをつける

1.間隔を決めてしるしをつける

どの位置にボタンを位置づけるかを決めることから始めます。
まず最終的にどこまでボタンをつけるのか。
ちなみに、このシャツはサイドとバックに深いスリットがついていたので、フロントもその位置でボタンが終わるようにしました。

後ろ

一番上のすでについてるボタンホールの下端から、終わらせたい位置まで約36cm。

ボタンあと4つつけたい。

ので、

36÷4=9cm

ボタンの直径とボタンの厚さを足した長さがだいたい1.5cmぐらいだったので、

9-1.5cm=7.5cm

ボタンホールの下端から7.5cmのところで、ちょんっと印をつける。

そこから1.5cm線を引く。

その線の終わりから7.5cmのところにちょんっと印をつけて・・を繰り返す。

2.ほつれ防止の縫い止め

2.ほつれ防止の縫い止め

1.5cmの線を引いたところから2mm離したところ、ステッチメモリを1に設定してミシンで縫い囲みます。

3.穴をあける

3.緊張の一瞬。穴をあける。

穴をあけるときは、いつもキュっと緊張してしまうのですが、私はリッパーを使って切り込みをいれます。
気を抜くと余計に切ってしまったり、勢い余って怪我をしてしまうこともあるので、いつも緊張するようにしています。

4.縫う

4.縫う
引き止め(?)ていきます。

同じテンションを保つのが大事です。

完成

完成



そういえば、アメリカでの在学中にやったプロジェクトの中に、いろんな縫い方サンプルブックをつくるというのがあって、それに、ボタンホールのうんぬんがあったな~と思い出して、サンプルブックを広げてみたらありました。

"Buttons & buttonholes" AMT216 Exploring Principles of Assembly Spring 98 より

大した話書いてませんでしたが、ボタンホールは生地の厚さやスタイルに適切に合わせないといけない・・・などなど書いてあります。

なんとなく英単語紹介

bar tack(s) ボタン穴のかんぬき止め
to come undone ほどける
shank ボタンの脚

ところで、私はハイテクノロジー大好きですが、ボタンホールについては手縫いのほうが好きです。

話がまとまってませんが、病み上がりなのでご容赦くださいませ~。