マスク、売ってます。


これまでのマスク作成についての記録は下記です。

マスク、作ってます。①

マスク、作ってます。②

マスク、作ってます。③

仕様

・表の生地は消臭効果を繊維に付与させた厚地のニット生地。
・口側ダブルガーゼを使用しています。
・フィルター用のポケット付きです。
・表のニット生地、口側がWガーゼ2枚ですので、5層のマスクです。

今回、ポリプロピレン製の芯をポケット内にお試しで入れています。

布製のマスクは暑いという意見を受けて、アイディアを絞り出しました。

PPバンドと呼ばれるものです。100均でもクラフトバンドとして販売されています。当店のマスクでなくても、ポケット付きのマスクをお持ちの方で、暑いな~、呼吸しずらいな~と思ってる方は試してみても良いと思います。

ヤフー店と店頭で販売しています。

Sサイズ アースグレーxボタニカル
Mサイズ アースグレーxドット
Lサイズ アースグレーx宇宙柄

1760円(税込)オンラインストアですと、別途送料が発生します。

そして、諸事情のため、5月6日からいったんオンラインストアを閉めます。
5月20日前後には再開を予定しています。

ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。

マスク、作ってます。③


ここでは、サイズについて書きます。
実際に着用するとどんな感じか。

もう、めっちゃくちゃサイズも難しいと思い知らされました。
大人でも子供でも人の顔の大きさって様々で、もう謎。ミステリー。
自分自身も、小顔効果をとるか、機能をとるかで、サイズ展開に迷いが。

今朝まで、S、S/M(SよりのMって気持ちがぬぐえず)、R(レギュラーサイズのつもり)で、って思ってましたけど、もうすでに納品した方々の感想や写真などをいただいて、SS、S、M、Lにしようと考え改めました。

↓↓自分用メモ↓↓
SS:3月24日以前に発送した方のSサイズ
S: 3月27日以降に発送した方のSサイズ
M:3月24日以前に発送した方のMより2cm縦と横が長い
  3月27日以降に発送した方のS/M
L: 3月24日以前に発送した方のLサイズ、
  3月27日以降に発送した方のRサイズ

デザインについて

着用イメージは、マスクの端は、もみあげ近くに位置する、眼鏡のパッドがあたるところにマスクの山があたるような感じでデザインしたものです。顔の2/3を覆うくらいの大きいマスクで、感覚としては、ノーズワイヤーの入った大きめのプリーツマスクをした時と似たような覆いかぶさり感を目指して作りました。大きいのは苦手という方は、小さめのサイズ、フィット感を求める方はゴムを短めにセットすると良いと思います。

SSサイズ

小学生用に作りましたが、大人の女性にもお勧めです。
大きいと思ったら、ゴムを短くするとフィットすると思います。
これで言うと、アゴまで布でカバーしたい場合は、Sサイズが良いかもしれません。
大人の女性でも小顔な方はSSサイズがお勧めです。

Sサイズ

これも小学校高学年~女性にお勧めのサイズです。
SSサイズとの違いは、縦に5㎜、横が2cm長いです。
私がSサイズを着用するとこうなります。
フィットしてるといえばしてるのですが、話しているとマスクが上にずれきます。
小顔の人が着用するとこうなります。
SSサイズの方が良いかもしれません。
ゴムを短くするとフィット感がでると思います。

Mサイズ

私はアゴがしっかりしてるタイプなのでMサイズが丁度良いと感じます。
SサイズとMサイズの違い、縦がMのほうが1.2cmほど長く、横幅が4cmほど広いです。
男性+めがね着用時。

Lサイズ

鼻が高いと日本のマスクではゴムがひっぱられて耳が痛い、というご意見をいただき作りました。横幅はMと同じですが、縦が2cm長いです。
男性+めがねで、Lサイズ着用時。Mサイズと付け心地に違いを感じないとのこと。
Mとは横幅は変わらないので違いを感じないかもしれません。
鼻が高い人のように、目の下から顎まで長さがある方にお勧めです。

このページは後に追記される予定です。

マスク、作ってます。②


まず、どういう目的のマスクを作るか、ということについて。

国民生活センターが公開している報告書によると、彼らが調べた市販のマスク15種類では、漏れ率が40%以上ということで、ウィルスを吸い込まないという仕様は無理と理解しました。

ですので、作りたいマスクの最大の目的は、下記2つになります。

  • なるたけ自分の唾を周りにまき散らさない。
  • 自分の口や鼻を素手で触れることを軽減させる。

今のところ、サイズはS(子供用)、S/M、Rで考えています。

必要なもの

  1. 本体型紙 SS、S/M、R
  2. ゴム側カーブ型紙
  3. 表の生地:ネイティックフレッシュ
  4. 中心・口側の生地:プリントWガーゼ
  5. ゴム
  6. テクノロート
  7. #60スパン糸、針11番
  8. 2㎜幅の両面テープ

準備

  1. pre-shrink. 使う布を予め洗濯・乾燥させ、アイロンをかけます。
  2. テクノロート カットと加工(SS:8cm、他:10cm)

 3.布のカット 3種:表、中心(裏)、口側(ポケット)

3倍速にしています。トータル3分弱です。動画はSサイズの型紙で作ってます。

 4.ゴムのカット(SS:25cm、S/M:20cm、R:20cm)

工程

1.表の生地を縫う。

3倍速にしています。1分弱の動画です。
中心を縫う⇒縫い代を開いて縫う⇒端を1cm折り返して縫う。

2.中心(裏)の生地を縫う。

3倍速にしています。1分弱の動画です。
中心を縫う⇒縫い代を開いて縫う⇒端を1cm折り返して縫う。

3.口側のポケットの生地を縫う。

3倍速にしています。1分15秒くらいの動画です。
中心を縫う⇒縫い代にロックミシンをかける⇒端を1cm折り返して縫う⇒縫い代を開いて縫う。

4.中心(裏)と口側のポケットを縫い合わせる。

3倍速にしています。30秒弱の動画です。
ノッチを合わせて上下縫い合わせます。

5.4の端にカーブの印をつけ、表の生地と縫い合わせる。①

3倍速にしています。2分12秒くらいの動画です。
カーブに合わせて切りとり、切り込みを入れます。
縫い代を裏側に倒して際を縫います。裏が表に出ないようにするためです。

6.マスク上部にあたる部分を縫い合わせ、鼻にあたる部分の裏側の縫い代を切り取る。

3倍速にしています。35秒くらいの動画です。
マスクの上にあたる部分を縫い合わせます。 縫い代は1cmです。
鼻にあたる部分の裏側の縫い代、切り取ります。

7.テクノロートを貼り付ける。

3倍速にしています。30秒弱の動画です。
両面テープを小さく切って縫い代の真ん中とノッチのあたりに貼り、テクノロートを貼り付ける。

8.縫い代を中心(裏)側に倒してテクノロートの周りを縫い囲む。

動画準備中

9.顎にあたる部分、4cmくらいあけて縫い、縫い代を切り取る。

3倍速にしています。50秒弱の動画です。
顎にあたる部分、4cmくらいあけて縫い、縫い代を切り取る。

10. アゴの穴から表を出して裏返し、アイロンをかけて、アゴを縫い閉じて、サイドを縫う。

3倍速にしています。1分20秒くらいの動画です。
アゴの穴から表を出して裏返し、端にアイロンをかけて、アゴを縫い閉じて、サイドを縫う。

11.ゴムを通す。

次に、着用するとどんな感じになるのか紹介します。(続く‥

マスク、作ってます。①


2月中旬くらいに、自分と夫用にマスクを作ろうかと色々やっていたところ、友人より作って欲しいとの連絡が。30枚近く欲しいということになって、おお、こりゃ真剣にマスクについて考えたいと、試行錯誤して1か月。

ようやく形になりそうです。ネットショップでも販売しようと準備中です。アップしたらブログなどでお知らせします。

さて、ここから、私のマスク作成における試行錯誤の記録です。

最初、無料でDLできる型紙などで作ってみたらなんか小さいし、タイベックという防護服用の生地を取り寄せてみたものの、息できなくて苦しく、サンプルを作ってる間に、マスクって衛生品だから、規定とかあるんじゃないの?マスクってなに??など、疑問が疑問を呼んでマスクについてまず調べることにしました。

参考にしたページ

1.国民生活センター 「ウイルス対策をうたったマスク」
www.kokusen.go.jp/pdf/n-20091118_1.pdf
 ここで、下記のことがわかりました。
 ・マスクには公的な認証や基準はない
 ・すべての銘柄で平均漏れ率が40%以上
 ・社団法人日本衛生材料工業連合会が「マスクの表示・広告自主基準」を定めている。

2.社団法人日本衛生材料工業連合会 マスク
http://www.jhpia.or.jp/product/mask/index.html
 ここで、私が作りたいのは家庭用マスク、そして一般的なガーゼの家庭用マスクは、6枚重ねくらいになっている、ということがわかりました。

生地ついては、ガーゼで、と思ったものの、ネットでは在庫切れかやけに高い。そしてユザワヤでは購入制限がありました。

ユザワヤ 横浜店にて

ちなみに、ユザワヤ上大岡店も2mまで、横須賀店は1mまででした。サラシも売り切れ。ゴムも売り切れ。無地のガーゼ生地など皆無。好みでない柄が織り込まれたオーガニックコトンは倍の値段。私が購入できる範囲でプリントのWガーゼを何種類か日をまたいで購入しました。

個人的に、マスクは無地がいいな~なんて思っていて、代用できる生地はないか模索しました。Tシャツの生地もコットンだからいいかな~と思いました。ユザワヤでは厚地のニット生地はなくて、薄いものしかなかったので、結局、オンラインショップでKURABOUさんの高い洗濯耐久性と消臭性を実現した生地、ネイティックフレッシュというニット生地を表生地に使うことにしました。口側は、ガーゼとかサラシなどコットンの織生地で。

形は、国民生活センターの公開されている報告書によると、鼻と頬から空気がはいるということで、もみあげ近くまで生地がくる幅広で、ノーズワイヤーには、ユザワヤで見つけたテクノロートという形状保持材を利用するとこにしました。

私は、2011年3月、あの大地震が起きた時、ナプキンやおむつが不足しているというニュースを目にして、布おむつやナプキン作ってみようと、サラシとソフトハッピー®という布おむつ用の生地を1反(一袋?)ずつ購入していました。でも、2011年2月にオープンしたばかりで、生地は購入したものの手が回らず、それらに全然手をつけていませんでした。なので、それらを利用してサンプルを作り、友人に何個か送りフィット感など確かめてもらいました。

その中で、おおお!!と感動した友人のアドバイス。

「口側の生地はベージュがいいなー。
 ファンデーションが付くのが気になるねん。」

なるほど!ということで、これもまたたまたま持っていた染め材、DYLONのベージュで染めて作りました。

ゴムも、軒並み売り切れ状態でした。これもたまたまといいますか、以前、お取引先に頼まれて購入したポリエステル/ポリウレタンのタテアミゴム スーパーソフトというのを持ってまして、結局思ったほどに使わず、こちらの在庫としてたくさん残っていたんです。3cm~5cm巾とボクサーパンツのウェストくらいの幅があるので、試しに細く切って伸び縮みさせてみたら、簡単にほつれることがありませんでした。念のため、今後このゴム使うことがあるかをお取引先に確認しましたら、ないのでご自由にお使いくださいとのことでした。

ゴムの長さは本当に未知数。でも、私はゴムの力を信じて、私でちょっとキツイような気がしないでもない、は、私より顔が小さい人でも鼻が高くて私より長さがある人でも、まあまあ良い長さなのではないかと。そんな基準でゴムの長さを決めました。

子供用については、もう真に謎なので、ゴムは結ばずに袋詰めしようと思ってます。

次に、どういう仕様のマスクなのか説明します。(続く・・