表布と裏地をとめつけるループの作り方


HOW TO 動画を撮ってみました!
表布と裏地をとめつけるループの作り方です。
イメージ的には、カギ編みをするような感じです。

スタート写真

表布と裏地をとめつけるループの作り方

糸は、太めのものが良いです。これは本体との色が合う太い糸がこれしか持ちあわあせていなかったという理由で、絹穴糸16号というを使ってますが、綿の縫い糸や(ワックスのついていない)ボタン糸でもよいです。

大したポイントはないのですが、強いて言うなら、最初に作ったループが何目あったかを数えて、2つ目のループも同じ数の目を作ることです(笑)。パンツでもスカートでも2か所はつけるので、左右同じ長さにするためです。ちなみに、私は30~40目くらいを目安にしてます。

あとは、最後、裏地とつなげるときに、輪っかを残したまま裏地の端に通して、通した糸を残していた輪っかにくぐらすことが大事でしょうか。しっかりつなぐためです。