毛玉取り ジャージー素材例 pill removal


当店では、毛玉取りもいたします。
この程度の毛玉取りであれば、1着525円で承ります。
お気軽にお持ちくださいませ。

ジャージー素材のワンピース。四角くマークしてるところに毛玉ができています。
ジャージー素材にありがちな毛玉例
全体的に毛玉をとりました。
同じ個所をクローズアップ

マイスリーブ スカルモチーフ


マイコーヒースリーブ スカルモチーフ
  • ハンドメイド
  • 価格: 1,890円(税込)
  • サイズ:トール用
  • 手刺繍。いつもより多く刺繍してます。
  • 素材: 表・裏 コットン
中は黄色いバンダナ柄です
手首にはめると、袖口カバーにもなります。わぁ便利~:)

わたしのばか~!な無料広告 


臼井不動産 e-情報 2011年4月号
臼井不動産 e-情報 2011年4月号

お世話になってる不動産屋さんの広告冊子の裏に当店の広告もいれてもらいました。

が、

ものすごく大失態を犯していたことに気が付きました。

電話番号が違う。

これは、私が悪いのです。私が間違えてファックス番号を電話番号と言って連絡していたのです。

がびーん。

正しくは、

TEL: 046-825-5797

もしも、また掲載してもらう機会があれば、電話番号ではなく、ここのURLを記載してもらうようにしたいです・・・。

スタンドカラー シャツ


くるみボタン スタンドカラー シャツ
  • USEDユーズド / 古着
  • 価格: 2100円 (税込)
  • サイズ: 9号・petite 着丈53㎝ 肩39㎝ バスト80~85㎝
  • 素材:Rayon(レーヨン)100%
  • made in U.S.A.
  • 一番下のくるみボタンに少々キズあります。

オンラインショップで購入する>>

横須賀ビジネスオーディション


先日、横須賀市のホームページ横須賀ビジネスオーディションの入選者一覧に、私の名前が載りました。

平成22年度よこすかビジネスオーディション(創業部門)入選者一覧のところにあります。

よこすかビジネスオーディションについて

よこすかビジネスオーディションは、創業しようとする事業者(創業者)や既に事業を行っている中小企業者の更なる事業発展をバックアップし、地域経済の活性化や雇用の創出を図ることを目的として開催します。
実現性の高い独創的なアイデアのビジネスプランを募集し、選考委員会が審査して入選者を選定します。
入選者には、1事業者につき①50万円(創業部門)②30万円(ステップアップ部門)の奨励金を交付します。
1 応募資格
【①創業部門】
(1)横須賀市内で創業しようとする人(募集期間が年度途中のため、平成22年4月1日以降に創業した人を含む)。
(2)ビジネスの内容に新規性、独創性のあること。
(3)これから創業する人は入選後当該年度内に創業する意思があること。
(4)市税を滞納していないこと。
【②ステップアップ部門】
(1)事業実績が1年以上の中小企業者で既に横須賀市で事業を営んでいること。
(平成22年11月1日で1年以上となる方。かつ、募集期間が年度途中のため、平成22年4月1日以降に新規事業に着手した人を含む。)
(2)ビジネスの内容に新規性、独創性のあること。
(3)入選した事業を当該年度内に着手する意思があること。
(4)市税を滞納していないこと。

昨年、平成22年9月によこすか創業セミナーに参加して、練習のつもりで応募した平成22年度よこすかビジネスオーディション(創業部門)ですが、思いもよらず受かってしまったのです。よって、ここに店舗を構えてオープンすることになった次第です。

受かってしまったというと、受かりたくなかったのかよ?と思われそうなのですが、入選してともてうれしいです。本当に。奨励金をいただけるのがものすごく有り難いです。ただ、もっとマシな企画書やプレゼンができたんじゃないかと思うところがあって、気分的にはやり直したいナ…というのがあります。私の予定としては、23年度に見事入選する予定だったので、1年前倒しの気分で、ワタワタ…してしまってるというのもあります。

マイペースだね、と言われることが多い私ですが、ワタワタしつつも、精進していきたいと思います。

この横須賀ビジネスオーディション、あまり知られてないかもしれませんが、よく聞く話では、創業することになったけど、資金やら計画やらどうしていいかわかんないよ~…となった人が市役所へ行って相談し、こういうのがありますよ、と教えてもらうケースが多いようです。

横浜にいる創業を考えてる友人に、そんな制度があるなんて羨ましい!と言われました。今年も募集があれば、横須賀市民で、なおかつこれから横須賀市で創業を考えてる方は、ぜーったい応募したほうがいいと思います。不景気といわれるこの時期だからこそ、(コンペティターが少なくて?)このような助成金や奨励金をもらいやすいかもしれません。

どのみち、事業計画書なんかは創業に必要な書類と思うし、応募してみて落選したとしても損はないと思います。

また、空き店舗出店奨励金なるものがあって、タイミングやら立地条件やらが合えば、こちらももらえることができます。

以下、オーディションに関係ないのですが、この店舗の準備で利用した什器やレジスターなどの紹介です。