国際e-パケットの覚書

あけましておめでとうございます。
を言うには大変遅いのですが。。。
新しいことに慣れずに長いことあたふたしております。

今日は取り急ぎ、海外発送について覚書です。

オーストラリアからご注文をいただき、EMSの料金が知らないうちに値上がりしていて、じぇじぇじぇ!と慄いていたところ、国際e-パケットというものがあるというのを知りました。ご注文主の方にお伺いして、国際e-パケットで送ることにしました。

国際e-パケットとは、2kg以下の軽い小包であれば、EMSより安価で海外に荷物を送れるというサービスです。

ネット上で手続きができます。
https://www.post.japanpost.jp/int/service/epacket.html

EMSは2~4日くらいで届くそうですが、国際e-パケットは(送り先にもよると思いますが)1週間くらいで届くのだそう。

専用の「パウチ」というインボイスや送り状を入れるプラスチックバッグが必要で、オンラインでしか注文できないとのこと。通常5営業日前後で届くそうで、1月21日(火)に注文して、1月27日(月)に届きました。ほんとに5営業日かかってる。パウチは無料で、1回に50枚、1か月に300枚まで注文できるそう。

今回の注文はパッケージの総量がギリギリの97gで、EMSで2000円(500g以下)のところ、この国際e-パケットで635円で済みました。100g超えてたら710円でした。海外発送で、緊急で欲しいとかではくて、軽い商品であれば、この国際e-パケットはお得だなーと思いました。

忘れないようにメモ。
HSコード
紙製品:4823
調べ方で利用させてもらったとこ↓
https://www.toishi.info/hscode/

今更ながら、オーストラリアの森林火災について大丈夫ですかとかなんとか一言書き添えるんだったー!と思い始めて、考えの至らない自分に反省。オーストラリアへ無地届きますように。