イングリッシュコロニアル 


イングリッシュコロニアル アロマティックディフューザーとキャンドル。
とにかくラブリーなパッケージに胸が高鳴ります。
3種類のローズの香。左から

◆ Tea Rose (ブルー):スッキリさわやかなみずみずしいローズの香り
◆ English Rose (ピンク):セクシーで上品な可憐に咲き誇るローズの香り。
◆ White Rose (ホワイト):スイートでやわらかなベールに包まれたようなローズの香り。
※店頭に香のサンプルあります。

  

  • 1260円(税込)
  • サイズ 本体85×φ40mm 箱:170×52×52mm スティック:150mm
  • 内容量 50ml
  • 原産国 タイ
アロマと聞くとどうしても英国をイメージしがちなのですが、タイ旅行へ行ったとき、現地に当時住んいた友人から、タイもアロマに力を入れてる国だと、教えてもらったことがあります。タイで経験したSPAは今でも私の一番です。
ちなみに、タイのアロマに関する記事を見つけましたので、引用します。
タイのアロマ、ハーブの歴史は古く、13世紀のスコータイ時代にまでさかのぼり、自然療法としてハーブが使用されたのが始まりといわれています。また、伝統ある王立寺院「ワット・ポー」には、ハーブを使用したマッサージ施設と共にメディカルスクールも併設されており、ここで習得された技術は、タイ国内はもちろん、世界中のアロマ・マッサージやスパ業界で珍重されています。
現在も、国立病院や、ムエタイ選手の治療など、様々な生活の場で、タイのアロマオイル、ハーブは活躍しています。現に、最近は、日本のドラッグストアでも、タイ製の化粧品を見かけることが多くなっています。(SAIRENより)

あと、同じシリーズよりキャンドルも。

  

  • 473円(税込)
  • サイズ 本体56×φ47mm 箱:60×50×50mm
  • 燃焼時間 約10時間
リラックスしたいときに、またはプレゼントにいかがでしょうか?

コメントを残す