デコラティブな裾、ジーンズの丈上げ Shorten Pants Without Removing Decorative Hem


このデコラティブなデザインのジーンズ、丈上げをしました。

価格は2000円とさせていただきました。

ダメージ残しと同じような手法で仕上げますが、難点が1か所。

裾についたボタンホール刺繍です。

刺繍をほどくわけにはいきません。では、どうしたのか。

せっかくなので、どうしたのかをご紹介します。

  1. 印をつける。
     
    仕上がり線以外の印をつけます。
  2. カット ▼ サイドのテープを縫いほどいて、1のピンク線のところをカットします。

    ▼ 1のミドリ線のところ、カットします。

    ▼ 裾の部分もカットします。

  3. 合わせる ヘムの縫い代の部分を内側に入れて、アイロンをかけプレスします。
    カットしたヒダは出したまま。▼ パンツに裾を挟むように合わせます。

    ▼ ヒダ(凸)の部分は、パンツの凹の裏のように出るようにスライドインさせます。

      

  4. 縫う▼ 仮縫いをします。

    とーこーろーで。

    このパンツにはダメージ加工が施されています。
    片方に、ちょうど縫いたい場所にダメージが。

    ▼ そこで、そこには、当て布をしています。

      

    ▼ それでは、合わせたところを縫い合わせます。針は14番、糸は30番です。

    ▼ 例のボタンホール刺繍のところ。
    ジーンズの色に近い色の糸で、軽めのミシンタタキ(刺し)をします。

    ▼ サイドのテープも縫い戻します。

  5. 仕上げ▼ 両サイドの部分、相当厚みがあって固くなっています。
    ので、木づちで、叩いてならします。

    ならした後は、アイロンをかけておしまいです。