SPEC|スペック


このページでは、当店ブランコロンにて、洋服のお直し・リメイクに活用しているミシンやアイテムを紹介しています。

直線縫い用ミシン 2台

  1. メインで利用しているミシン:”SPUR90”
    OLYMPUS DIGITAL CAMERA JUKI社のシュプール90。おおよそこのミシンを利用しています。かなり昔に購入しましたが、現役でがんばってくれています。直線縫い用の職業用ミシンです。いつか専用テーブル&(なんなら)新しいシュプール欲しいな・・・と、密に願ってるところです。
    職業用ミシンってなんだ?と思われた方。「職業用ミシン 工業用ミシン 違い」で検索すると、こちらのサイトがトップにくるかと思います。家庭用ミシン・職業用ミシン・工業用ミシンの違いやそれぞれの特徴について詳しく書かれていて、私も勉強になりました。
    簡単に要約、一部抜粋させていただくと、ざっくりと分けた3種類のミシン(家庭用ミシン・職業用ミシン・工業用ミシン)、これらの違いは、「ミシンの回転スピード・ミシンの重量・モータの力」、にある、とのとこ。(安藤ミシン商会
    本体の重量は「家庭用<職業用<工業用」と重くなっていき、縫うスピードも、同じ順で早くなっていきます。モーターの馬力もしかり、同じ順で強いそうです。モーターの馬力が強いと?厚物に対応できます。なので、家庭用でジーンズなどの丈上げは無理に等しいということになります。
    このシュプールでもジーンズ対応できるかと思いますが、当店では、ブラザーの工業用ミシンを厚物用としています。
  2. ジーンズ・厚物用:brother DB2-B714-3
  3. brother DB2-B714-3 ブラザー工業用ミシン ブラザー工業用ミシン、20年もののアンティーク。こちらを厚物専用として利用しています。
    なぜ、こちらを厚物用としているのか。
    生地の厚さによって針・糸を交換、糸調子の調節をする必要があります。
    厚物やジーンズには太い糸を使用するので、太い糸用の太い針に交換します。糸調子は、上糸はダイヤル式のつまみ部分でキツくしたり、下糸はボビン釜のネジをマイナスドライバーで緩めたり、手動で調整します。ボビン釜にはメモリはないので、この辺りかな?と目星をつけながらネジを固定し、釜を通した糸を引っ張り、ここ!というテンションを感覚で見極めます。(グーグルなどで「下糸 調節」で検索すると、画像つきの親切な説明を発見できるでしょう!)
    針を交換する際は、マイナスドライバーを使って、針が設置されてる根本にあるネジをゆるませ、針をはずし、使う針を正しい位置に設置して、ネジを締めます。家庭用と違って、針の幹部分は、半円柱にはなっておらず、円柱です。ですので、設置する際に、指で針穴のヘコミを感じながら、そのヘコミが右側になるように、自分で調整します。これらの針と糸の交換、糸調子の調節における一連の作業は、何気に煩わしいものです。せっかく、直線縫い用ミシン、シュプールとブラザーと2台持っているので、針交換の手間を少しでも省くために、こちらブラザーのものを厚物・ジーンズ専用として、活用しているという次第です。

オーバーロックミシン 3台

  1. ベビーロック2本針4本糸ロックミシン衣縫人
     2本針4本糸ロックミシン衣縫人@アマゾン よく使うオーバーロックミシンです。Tシャツのようなニット生地、布帛もの、スカート、パンツ、オーバーロックが必要なものは、ほぼこれ縫います。 (株)ジューキ、ベビーロックの衣縫人(いほうじん)の良いところは、糸交換のやりやすさです。本来わずらわしいルーパー部分の(機械の中を複雑に通る)糸通しですが、特許により衣縫人だけが搭載しているエアスルーシステム(自動エア糸通し)のおかげで、ボタンひとつで、しゅるしゅるしゅるしゅる~~~~~っと、糸通しができるのです。エアスルーシステムが搭載されていないロックミシンを使ったことがあれば、絶対に感動します。
    また、「あこ~でおんレバー」というもので、縮縫いや伸ばし縫いが簡単にでき、とても便利です。少しひっかかる部分でいうと、なんで平仮名で「あこ~でおん」なの?ということくらいでしょうか。
    さらに、デフォルトで備え付けの押えの先には1cmほど横長の穴が開いていて、そこに平ゴムを通せば、ゴムと一緒に縫うこともできますし、伸び止めテープもちょちょいのちょいです。
  2. オーバーロックミシン Yamato DC-1H
    オーバーロックミシン Yamato DC-1H 趣をも感じさせる、大変古いオーバーロックミシンです。2本糸用にしています。糸交換は、セットされている糸を糸巻き近くで切って、交換したい糸の先通しをそれぞれ結び、針穴を通った先の糸を引っ張ります。というのはたくさんの方がご存知と思いますが、このオーバーロックは、途中で糸が切れることが多く、激しくガッカリすることが多々あります。とくに下を通る糸が切れた日には・・・。
    ということで、なるたけ糸を変えなくてもいいように、生成り限定という贅沢な使い方をしています。正直なところ、私と相性があまりよくないのか、糸調子を合わすのがとても大変で、糸交換に限らず、通常縫ってる最中にも糸切れを起こします。シリコンスプレーもあまり効きません。悲しいです。仲良くなりたいのに。私の理解不足なのでしょう。
    なので、たまに説明書を何度も何度も読み直して、調節を試み、このヤマトのオーバーロックミシンを理解しようと努めております。
  3. ベビーロックBL3-407
    ベビーロックBL3-407 OLYMPUS DIGITAL CAMERA レトロな感じがとても気に入っている、同じく大変古いオーバーロックミシンです。3本糸です。
    こちらも、糸交換が難しいのもあって、贅沢にチャコールグレー専用として利用しています。
    が、残念なことに先日モーターが空回りするようになり、使えなくなってしまいました。近日中に修理に出す予定です。
    これは中古で購入したもので、説明書がついてませんでした。
    ネットで検索したところ、ベビーロックBL3-407英語の取説がありましたので、念のためプリントアウトし引出に保管しています。
    フリーバージョン(無料)なので、全ページは揃っておらず、フルバージョンは買う必要があるとのこと。

カバーステッチ 1台

  1. ベビーロック ふらっとろっく
    ふらっとろっく@アマゾン カバーステッチ・チェーンステッチ専用のミシンです。
    カバーステッチは、Tシャツの裾の仕上げによく使われています。なので、Tシャツの丈上げ、袖丈詰め、スポーツウェア・ジャージ等のパンツの丈上げ、ニット(ストレッチ素材)のワンピースの丈上げ、などで使用します。
    チェーンステッチは、