Info & Journal お知らせと雑記 Operation History 運営作業履歴メモ

ロックミシンの糸を設置する棒が折れた

展示品、現品限り、購入時にすでに黄ばんでいたロックミシン。11年使って、とうとう棒が折れてしまいました。

最強接着剤と言われるエポキシ。

アラルダイトのラピッドを使って接着しました。この接着剤は2種類の溶剤を同量まんべんなく30秒くらい混ぜて使うものです。速乾性なので、混ぜたらその後1~2分くらいの間に使わないとすぐ固まってしまいます。

余談ですが、別件で、ラピッド(速乾)ではない通常のやつを使いたい作業があって、探したのですがどこにもなくて、アラルダイトのサイトに行きついたら、取り扱い中止とありました。

棒の断面はアルコールで拭いて汚れ・油をふき取ります。

少量(同量)ずつ出して、30秒でまんべんなくへらを使って混ぜ、竹串の先で断面に塗り、接着。

念のため24時間置きました。完全にくっついて、糸ゴマホルダーを付けてもなんともないです。良かった…!

-Info & Journal お知らせと雑記, Operation History 運営作業履歴メモ
-