立体裁断ジーンズ(デニム)・フレアシルエットをストレートに Twisted flare jeans into straight leg


EDWIN-SF-01

Introducing how to turn twisted flare jeans into straight leg.

EDWIN SURF FLARE(エドウィンサーフフレア)、ブーツカットのジーンズをストレートにしたい、というご依頼を受けました。

立体裁断型、ダメージ加工されたデニムパンツでした。

こちら、膝から下の裾幅詰め、お直し代は2940円(税込)です。

工程を少し紹介します。

1.Measure 測る

裾幅を20cmにしたいので、どれくらい狭めたいかを図ります。これは巾でいうと、-1.5~2cmです。

EDWIN-SF-02

2.Unseam ほどく

まず、裾をほどきます。

EDWIN-SF-03

次に、サイド部分をほどきます。

EDWIN-SF-04

EDWIN-SF-05

3.Mark しるし

今回は、後ろ身頃だけ短くました。前に見えるラインで、せっかくの色落ちを半分は残したかったので。

でも、立体裁断のようなデザインは多少残るので良いと思います。
1で、幅が-1.5cm~2cmと書きました。
こんな感じで、とお預かりしたパンツの裾幅は20cmくらいでしたので、-1.5cmだと20cmとなりますが、
このパンツの膝幅が20cm弱でしたので、幅-2cm狭くすることとし、4cmのところに印をつけました。

EDWIN-SF-06

ひざのところまで、線を引きます。縫い代の分も。

EDWIN-SF-07

4.Cut & Sew カットして縫う

画像がないのですが、カットして、ロックミシンをかけます。糸は同じように、30番生成り3本で。

そして、縫い合わせます。EDWIN-SF-08

縫い代部分にアイロンをかけて、裾を縫いもどします。

EDWIN-SF-10

最後にアイロンをかけて、出来上がりです。

EDWIN-SF-11

サイドの色落ちがなくなると、味気なくなっちゃうので、後ろサイドの色落ち部分がなくなっても大丈夫かな…?と心配しましたが、不自然ではない仕上がりになった!と我ながら満足しています。

パンツの裾幅詰めは人気のお直しです。

履かなくなったブーツカット・フレアデニムをストレートにリメイクいかがですか~!