Alter, Repair & Upcycle お直し・リメイク例

デニムパンツのウェスト詰め Take in the waist of jeans

デニムパンツのウェストを後ろ中心で詰めました。

できる限りということで、まず、ポケットを取りました。後ろ中心は、クラッチ(crotchー股のところ)まで縫い解いて、折り伏せ縫いにしないで縫いました。-9㎝ぐらい詰められたと思います。

  • 料金:4800円(ポケットを縫い戻さない場合は3600円)
  • 納期:7営業日~

工程等の紹介

使用したミシンと糸の種類など

  • ブラザーbrotherの工業用ミシン(針は16番、糸は30番の色は黒)
  • ロックミシン(衣縫人、針は12番、糸は90番の紺色→60番があれば60番で。)が少し楽。

ウェスト部分の縫い解き

下記、縫い解きます。

  • 後ろ中心のベルト通し
  • ネームラベル
  • ウェストベルトの後ろ中心から左右8cmくらい

お尻部分 後ろ中心の縫い解き

下記、縫い解きます。

  • ポケット
  • 股のところ左右3㎝くらい
  • 後ろ中心の折伏せ縫い全部

お尻部分 後ろ中心の処理

  • ポケットギリギリのところで線を引きます。
  • 後ろ中心のちょうどお尻の割れ目にあたる部分は、思い切ってカーブを深く入れた方が自然に仕上がります。
  • 線を引いたところを縫います。
  • 縫ったところから1.5㎝くらいのところカットします。
  • 端にロックミシンをかけます。
  • 股を縫い戻します。
  • 後ろのヨーク部分、厚く重なり合っているところは木槌でつぶします。

ウェスト部分の処理

  • ベルト部分の必要分をカットします。
  • ベルトを中表にします。
  • 色落ちしているところもズレないようにベルトを縫い合わせます。
  • ベルトを本体に縫い戻します。

下記、縫い戻します。

  • ベルト通し
  • ネームラベル

ポケット縫い戻し

最後にポケットを縫い戻します。

後ろ中心を詰めた分、ポケットの外側が吊り上がっているように見えます。

地面にたいして平行になるようにポケットを縫い戻しました。

もともとのポケットの位置が色濃く残っているので、ポケットを重ねることによりデザイン性が増したと思います。

最後、全体にアイロンをかけて終了です。

-Alter, Repair & Upcycle お直し・リメイク例
-,