スラックスのウェスト詰め


当店では、紳士スラックスのウェスト詰めは2100円(税込)です。
ちなみにウェスト出しは1,890円(税込)です。

とても痩せたという、うらやましいお客様がいらっしゃって、スラックスのウェスト詰めを承りました。

スラックスのウェストは、センターで調節する場合、±3~4cmがお直しできる範囲です。
ちなみに、それ以上になると3方詰め・出しという、センターと両サイドに直したい幅を分散させて直す方法になります。通常だと1本あたり8000円くらいでしょうか。当店では現在のところ承っておりません。

せっかくなので、このセンターでのウェスト詰めの方法をちょっと紹介します。

1.ほどく

まず、内側のまつり縫いのところをほどきます。

ループの下のところもほどきます。

2.しるしをつける

ベルト部分はまっすぐに。

ベルトの下からお尻のところまで、自然になるように線をひきます。

3.縫う

線を引いたところを縫います。
これは人それぞれなのですが、私の場合、ベルトの中心を合わせて2回に分けて縫います。
表からみると、こういうイメージ。

こうすると、ずれることが少ないです。

一回縫ったら、表にして、この3か所がずれていないか確認し、もう一度縫います。

ウェストやお尻はよく引っ張られるので、2度縫いをします。

そしたら、もとのステッチをほどきます。

お直しされてない既製品はチェーンステッチで縫われているので、はしっこから糸をひっぱると、ぴろぴろぴろ~~とほどけます。

4.しまつ

ほどいたら、ここの部分にアイロンをかけて、折り目をとります。

もとに戻すようにベルトを合わせたら、中心線を合わせます。

どちらでもいいのですが、中心を合わせたら、片方のベルトの縫い代部分を根元からぎゅっとおさえ、クルっとひっくり返します。

ぎゅっと押えてずれないようにしながら、ベルトの縫い代を中心線と平行に縫います。

こうすると、中心がずれません。

次に、最初に外したループの下の部分を縫いもどします。

最後に、ベルト縫い代の端の部分を三角に織り込んでアイロンかけて、

最初にあったようにまつり縫いをして、またしっかりアイロンかけて完成です。

そして、せっかくの完成した写真を撮らなかった・・・。
いつも、いつも、肝心なところの写真を撮ることを忘れます。
どうすれば学習能力つくのかしら・・・?もう無理?