ヴィンテージコート、TALON(タロン)ヴィンテージファスナーをそのまま利用して、うねうねクネクネした波打った感じを直したい依頼 Reuse a vintage zipper and fix a wavy line.


coat-talon-01

横須賀にある当店へご来店されるのが難しいお客様には、メールなどでのやりとりで詳細を確認し、お直しを承ります。

I take clothing alteration orders by e-mail for customers who live far from Yokosuka and it is hard to come to my shop.

ジッパー・ファスナー交換は、フィッティングを必要としないことが多いのでインターネットからのご注文が多いです。ちなみに、次に多いのは、パンツの幅詰め。ブーツカットをスキニーにするというお直しです。ちなみのちなみに、お品物の受け渡しは宅急便を利用し、支払は代引きもしくは銀行振り込みです。

Since it is not necessary to check customers’ fitting, zipper/fastener exchanges are most popular online orders at my shop.

こちらのブランケットコート、ファスナーは壊れておらず、乾燥機にかけたことで波打った部分を平たく直して、オリジナルのファスナーを調整して取り付け直してほしいというご依頼でした。

This blanket coat.  The zipper is not broken.  What the customer wanted is to fix the wavy line which is caused by a drying machine.  The fabric gets shrank but the tape of zipper would not.

coat-talon-02

TALON(タロン)のジッパーが使われていて、コの字上止めもそのまま利用されたいとのこと。

The customer wanted to reuse the original TALON zipper and also its top stops which shapes are different from ones that are used nowadays.

通常ファスナーの上止めは、Uの字で、はさむように止められています。

The present top stops are U-shaped.

コの字ということは、古い。

wiki先生にお伺いしたら詳しいことが書かれてると思いますが、1900年代の前半くらいまで作られていたファスナーで、それ以後は無いとか、とにかく希少価値が高い代物。

The top stops which attached with it are a half square-shaped (?) and you can tell it is a real vintage.

当店ではヴィンテージファスナーの取り扱いがありません。新品YKKのみ。

I have only YKK ones.  Talon is an American zipper company.

ファスナーを再利用して使うことはできても、コの字上止め、失敗したら私にはどうすることもできません。

If I fail to take the top stops or fail to attach them….?  I have no idea what to do about it.

そのことをお話ししたところ、寛大なお客様で、コの字上止めはお客様のほうでしていただけるとのこと、上止めなしでのファスナー付け直しを承りました。

I told the customer about it honestly.   He was generous.  He said that he would do the stop parts by himself and still offered me the sewing work.

IMG_0377

※こちら、お客様のお写真をお借りしています。噂のコの字上止め。

This photo is taken by the customer.  The top stops.

手元にお品物が届いて、確認したところ、見返しのないシンプルなつくりでしたので、4200円とさせていただきました。

では、工程を少し紹介します。

1.Unseam ほどく。

ファスナーをほどきます。一目一目ほどいていきます。Take the zipper off.

coat-talon-03

2.Steam & Press アイロン

まず、ファスナーのテープ部分にアイロンをかけてまっすぐにします。Press the tape of the zipper.

coat-talon-04 coat-talon-05

つぎに、コート。Then, the coat.

coat-talon-06

↓ ちょっと具合の悪くなるアングルですが、違いをお見せしたくて。

coat-talon-07

 

3.Zipper Length Adjustment ファスナーの長さ調整

4cmくらい短くします。

coat-talon-09

coat-talon-10 しるしをつけて、ニッパーで務歯を取っていきました。

務歯を取るところの写真、撮るの難しい、というか、無理でした。

Take the unnecessary elements off by nippers.

 

4.Pretreatment & Sew 縫う前の準備と縫い付け。

ファスナーを縫い付ける部分の裏、崩れないように芯を張ります。Interfacing

coat-talon-11

両サイドの柄が合うようにします。最初に柄の部分だけ2cmくらいを縫いとめてズレないことを確認してから縫います。

Mark points to fit the left and right. Sew the points first so that it won’t get out of positions.

coat-talon-12

裾と襟の部分もあれやこれやしましたが、写真を撮ってないのでここの工程紹介は割愛します。No photos of sewing here.

出来上がり!It’s done!!

coat-talon-13

波打った部分がまっすぐになりました。No wavy any more.

coat-talon-14

ファスナー自体が壊れていなければ、そのままのファスナーを再利用できることもありますので、お持ちのお洋服でクネクネが気になる方、ご相談くださいませ~。

追記

出来上がったものがお客様のお手元に届いて、すぐにフィードバックをいただけました。

「自分が思っている以上に真っ直ぐになって、大満足です。」

とのこと、うれしい限りです。また、コの字の上止めも問題なくつけられたそうで安心しました。上止めがないとうっかりスライダーを引き上げたりして外したりすると、もうそれはそれはややこしいことになるので、とても大事な部品です。

どのお直し・リメイクでも、毎回3日くらいは寿命が縮む思いで作業をしています。

というのは、新しく手に入れることができない、大事なお洋服なので、失敗があってはならないからです。

でも、よかった、と、フィードバックをいただけると、安心して5日は寿命が延びる気がします。

フィードバックありがとうございました。長生きできそうです。