Info & Journal お知らせと雑記

SDGs 私はパンドラの箱を開けてしまった。I opened the Pandora's box.

今日、ホルムアルデヒドについて初めて気に留めて、大学時の私のアドバイザー、学部長で現在退官されている、サルーソー博士に、「私、ホルムアルデヒドについて学びましたっけ???」なんて失礼なメッセージを送ったのにも関わらず、熱いメッセージとともにたくさん参考になる記事を教えてもらったお話です。

I happened to know about the effect of formaldehyde to babies. I haven't had a chance to work with babies clothing before, so it was a kind of shocking fact for me. I couldn't stop my self asking my professor form college. "Have I learn about formaldehyde??" I was worried if it was a rude question but she kindly replied my message and gave me a lot of information.

発端。ホルムアルデヒドについて about formaldehyde

ユニクロのベビー服をオンラインショップで買い、届いて開けたところから始まります。商品が厚紙の台紙をくるむように収納されていましたが、厚紙の他に見慣れないシートが一緒に挟まっていました。

This is how I knew formaldehyde. I purchased baby clothing at Uniqlo for the first time and there was a sheet inside of the package.

ユニクロの赤ちゃん服に挟まれている紙。uniqlo このシートはホルムアルデヒドの移染を防ぐ為に使用しています。This sheet is used to prevent formaldehyde contamination.

各国の言葉で、「このシートはホルムアルデヒドの移染を防ぐ為に使用しています。」と書かれていました。なぬなぬ?と思ってホルムアルデヒドについて調べたところ、下記のページをみつけました。

"This sheet is used to prevent formaldehyde contamination."

What is formaldehyde?? I found a lot of pages telling you what it is.

赤ちゃんの衣類とホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドってなあに?

衣類の縮みやしわを防ぐために使用されています。刺激の強い物質で、高濃度のホルムアルデヒドを含む衣類などに接触すると、発疹などの皮膚障害やアレルギーを起こす可能性があります。衣類の他にも、家具や壁などさまざまなところに含まれています。

特に赤ちゃんの肌は敏感なため、生後24ヶ月以内のベビー用品は、基準がより厳しくなっています。

横須賀市ホームページ

2018年3月27日に更新された記事のようです。何で私知らないの???とショックを受けました。直前まで子供の湿疹が洗剤のせいじゃないかって考えてたもんで、この時点で、洗剤に使われてるって勘違いしてた。

サルーソー博士のお言葉と参考URL

そもそも、専攻がアパレルなのに知らないのはおかしいと思い、いてもたってもいられず、当時の大学アドバイザーに「私、ホルムアルデヒドって学びましたっけ??学んだのに忘れたとかですかね?」なんてメッセージを送ってしまいました。勢いでサルーソー博士にメッセージ送ったけど、ていうかホルムアルデヒドと洗剤は関係なかったわってすぐに気が付き、あわわーって思ったけど良いトピックを得ました。

すぐに返信をいただけました!

「"In the textiles class I taught, I did talk about sick building syndrome which related to use of formaldehyde in compressed wood products and carpet. When we talked about permanent press finishes, we talked about formaldehyde as a part of the finish to make clothing resistant to wrinkles and stains."(私が教えたテキスタイルのクラスではカーペットやプレスウッドなどに使われてるって話したわ。仕上げの話のときも、しわや汚れに強い衣類を作るために、仕上げの一部としてホルムアルデヒドが使われてると話したはずよ。)」とのこと。

うーん…。私がとったテキスタイルのクラスはサルーソー博士ではなくキャシー先生だったからこの話が出なかったのかな…?シックビルディングシンドロームはなんか覚えてるような気がする。てか、シックハウス症候群を知ってたから覚えてるって勘違いしてるだけかな…。教科書にあったかな?私2001年に卒業したけど、そのあとに出てきたとかじゃなく?もごもご…

とまあ、そこから、色々教えてもらってですね、教えてもらった記事など時間をかけて読んで理解していこうと思います。下記、自分であとで読み返す用のサルーソー博士のお言葉ざっくり訳と参考URLです。

Then, she told me about European testing system that results in certifying children's clothing for safety, and toxic in our clothing, and etc..

ヨーロッパの子供服の安全性を認定するための試験システム

「アメリカでは、乳幼児へのオーガニック繊維を使用することの必要性が明確に表記さるようにはなっていないと私は思うけど、ヨーロッパでは子供服の安全性を認定するための試験システムがあるわ。」

New EU Standards on Safety of Children’s Clothing

December 18, 2020

The European Committee for Standardization (CEN) has developed a set of 4 new documents to evaluate the safety of children’s clothing regarding the mechanical properties on small attached components.

SGS

「これは安全性が重要であることを示すためにマーケティングで使用されるの。」

used in marketing

例:monica+andy

「持続可能性に対する世界的な推進は、私たちが心配すべきホルムアルデヒド以上のものがあることを気づかせてくれたのね。持続可能性の1例として、有機肥料や農薬を使わずに栽培されたオーガニックコットンがあるわ。」

Part of sustainability is the concept of organic cotton which is grown without organic fertilizer or pesticides.

例:pact

毒になる服 航空会社の制服が毒されていた

「衣類に含まれる化学物質が健康と安全にどのように影響するかの例があってね、複数の航空会社の新しいユニフォームを着た職員たちが具合悪くなったっていう事実があるの。参考になる記事をシェアするわね。だから、あなたが学んだことを忘れたわけではないわ。服や食べ物、空気にある毒性のものに、カルチャーがようやく注目するようになって、オーガニックコットンやオーガニックフードは、赤ちゃんだけじゃなく、すべての人に必要不可欠なのよ!」

I really didn't know about these toxic uniform. These below are readings that she shared for me.

New Delta uniforms take flight May 29, 2018

Delta to launch new uniform program for flight attendants, some airport customer service agents

Southwest Air Toxic Uniform Class Claims Advance Against Cintas

“It’s been three years of hell”: An air flight attendant’s fight to expose Southwest Airlines’ poisoning of its workforce

Flight attendants say US airlines forced them to wear toxic uniforms even after symptoms emerged

「少なくても3つの航空会社が毒になるユニフォームを使用してるのよ!」(えー!そうなんだ!)

She told me that at least three airlines with toxic apparel.

「本当に馬鹿げてることは、アメリカの政府には着用してる人々を保護する安全基準がなかったから、航空会社は、この制服を着るのが嫌ならやめろと、着ることを強制し続けることができたということ。」(わー!ひどい。日本は大丈夫かな??)

課題

「だからね、これはあなた自身を知るためにも重要なトピックなの。今こそ、テキスタイルが肌に付着することで健康にどのような影響を与えるかを心配すべきなのよ。」

「これにゲンナリしちゃったら、私のように布地のプリントや染料だけでひどいアレルギーを起こす人を考えてみて。皮膚炎を起こさないためには着用前に3回洗って乾かす必要があるわよ。ふ~。パンドラの箱ね。」

感想

ということで、この他、ローションや洗剤、コスメ系、なんでも毒について学ぶものがあるわよ、と教えていただいてですね。とりあえず、服ですね。服を中心に勉強したいと思いました。

今までは、みんな命削って生産した洋服なんだから、ポイポイ捨てないで末永く着て欲しいんだよ~っていう気持ちで洋服のお直しを始めたところがあって、縫うところに注目していました。生産過程における問題も、どちらかというと労働条件のようなものに注目してしまって、毒性などは気にしながらも、しっかり勉強するまでに至っていませんでした。確かに、ようやく世界が注目し始めたSDGsですから、こういう生産においての環境問題や服に関する事柄なんでもよく勉強して、少しでもシェアしていけたらいいなと思います。

-Info & Journal お知らせと雑記
-,